音楽CD

共同開発

■概  要

 以前、永久保存と思ってABBAのミュージック・ビデオを購入したが、歌詞表示がなかった。いまYouTubeには、ABBAやビートルズなどの曲に、英語と日本語訳の歌詞を同時に表示している動画がいくつもある。これが普通の音楽好きの人が望んできたことである。たったこれだけのことである。
 少なくとも、洋楽で英語を覚えることが良いのは、受験を経験したことがある人なら誰でも知っているだろう。知っているにも関わらず、日英の歌詞を表示するだけのことを、音楽会社の社長も社員もしてこなかった。音楽会社の社員はトップを含めて、本当は音楽好きではない証拠といえる。普通の人より音楽好きでない人材が就職したり昇進しているのは自明であろう。本当に音楽好きの人間が就職しているのか、有名大企業だから応募したら入れたという音楽好きと言えない社員ではないか、常に疑問に感じる。人の「趣味を商売」にしている企業は、社員がマニアでないといけない。
 80年代にMTVが始まって、映像のない音だけだったレコードやCDとは、まったく別物のコンテンツが誕生したようだった。現在、映像と音楽の境目がなくなった。これだけスマートフォンが普及して、映像と一緒に音楽を聴くのが当たり前の時代になっても、未だに音楽ソフトは歌詞表示さえままならない。本当はアーティストに対して対価を払いたいが、YouTubeの方がコンテンツの質が上回っているからこれで十分だと考える人が多いだろう。
 無数の敵と競争するオーディオハードメーカーと違い、音楽ソフト会社は数社の国内企業で寡占にあぐらをかいているように見える。高級オーディオは揃えても、音楽ソフトだけが時代遅れである。
 消費者は損はしたくない。ずっと手元に置きたいものは、その時代の全部入りでないと、もう「円盤」もデータ配信も購入しないだろう。

■業  種

  • 音楽会社

■技術レベル

  • ☆☆
  • 従来技術のみ。

■開発コスト

  • ★★

■市場・ターゲット

  • 受験生、英語学習者の全て(洋楽)
  • カラオケ好き(邦楽)
  • 自分で歌を歌うことが好きな人全て

■その他

  • 御社ブランドの新シリーズを展開。
  • 洋楽による英語学習法の提言。
  • 詳細は面談にて。

 

問い合わせ

 

PAGETOP
Copyright © HIBIKI Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.