観光キャッチフレーズ「ビジット・ガラパゴス・ジャパン」

  • HOME »
  • 観光キャッチフレーズ「ビジット・ガラパゴス・ジャパン」

■ 概  要

 外国人向け観光キャッチフレーズを提案。
 外国人観光客が日本に来る動機は、昔からある東洋の神秘的な魅力から、最近ではアニメの影響がある。自然を見に行く目的の観光を除けば、「文化の違い」を自分の目で確かめに行く観光があり、特に日本に来る外国人の多くは文化が観光の目的であろう。
 学術的にも日本の文化は独自性が強い。これほど近い隣国の中国語と日本語で、主語述語といった言語構造が大きく違うように、日本は他国の影響から隔絶されて、独自の文化・文明が発達した。サミュエル・ハンチントンは『文明の衝突』で、世界の文明圏をわずか8つに分け、その1つに日本を「一国で成立する孤立文明」と取り上げている。他でも同様な研究がある。
 そこで、外国人の観光客を増やすキャッチフレーズに、学術的に「意味のある」キャッチフレーズを使うのが良い。
 独自の進化を遂げたとして、ダーウィンの進化論で有名なガラパゴス諸島がある。大陸から離れて孤立すると、すべてが独自の進化を遂げるわけではない。しかし日本はガラパゴス諸島と同じように、大陸から離れていることで、独自の文化が醸成されたのは確かだろう。学術的な裏付けを元にした観光キャッチフレーズとすることで、変わった進化を遂げているのでないかと思わせ(実際そうした文化が多々ある)、外国のインテリ層も納得し、説得性を高めるのが良い。

観光キャッチフレーズ「ビジット・ガラパゴス・ジャパン」のキャンペーンイメージ図 

 世界地図を見てみると、日本とガラパゴス諸島は似たような距離で大陸から離れ、あたかも北半球と南半球でシンメトリーになっている。偶然であるがこれを使い、相似の形にロゴマーク等をデザインして、あたかもガラパゴス諸島と日本が同じ地理的理由から、独自の進化を遂げているのでないかと思わせる。位置的にガラパゴス諸島と日本は似ていることを、本物の地図から見て納得してもらう。元々東洋の神秘的な国というイメージがあったのだから、それを更に強めることが観光には有効で、他の国にはないものがあるように思わせる(実際にある)のが良い。キャッチフレーズが浸透すれば、ガラパゴス諸島と日本との姉妹都市提携のような交流も、瓢箪から駒となるかもしれない。

■ 業  種

  • 政府観光局
  • 旅行会社

■ 開発コスト

  • ★★
  • ロゴマーク等の制作
  • ホームページ、パンフレット等のキャッチフレーズの差し替え
  • キャンペーン活動費

■ その他

  • コンセプト、キャッチフレーズ、ロゴマーク制作を当社でコーディネート。
  • 詳細は面談にて。

 

問い合わせ

PAGETOP
Copyright © HIBIKI Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.