震災時に車中泊をすると死ぬ車

  • HOME »
  • 震災時に車中泊をすると死ぬ車

■ 概  要

 2016年4月、熊本で震度7の地震が起きた。余震が怖くて家の中で寝られず、屋外で寝たという人が多数いた。実際、24時間以上たった深夜に再度震度7の地震が起こって、木造アパートが潰れたり、山崩れで家が埋まり、死者数は最初の震度7の時より大きく上回った。テレビの専門家は、屋外に避難してくださいと呼びかけていた。
 地震が起きたあと、潰れる自宅内で寝ずに、自家用車で寝ていれば助かった命が多数いたのは明らかだった。東日本大震災の時も、数千人の人が真冬に何日も屋外に避難した。避難所もなく家の外に待機するとなると、普通考えるのは雨風が防げる自家用車しかない。地方なら一人一台ある。プライバシーも守れ、避難所の代わりになるのが自動車だ。
 ところがほとんどの車で、車中泊をしようとしても、座席を倒しても平らに寝ることはできないのだ。熊本地震では車中泊の避難者にエコノミークラス症候群が多発して、死者が多数出ていた可能性が高いことがのちにわかった。医師が足をもんだり体操をするよう呼びかけていたがかなわなかった。

 熊本地震:関連死3割が車中泊 「健康確認、態勢確立を」 – 毎日新聞 2018年1月4日
 熊本地震「震災関連死」170人の内、24%が車中泊を経た死 2017年4月15日

 東日本大震災が起きて7年が経つ。何日も車で寝起きすることがあったのに、人気の新型プリウスアクア最近の新車のミニバンでさえ、荷室で寝られる新車を開発するような傾向は見られない。後部座席は倒しても、斜めのままだ。座って寝る人は世の中にいない。自動車会社は、震災時に車中泊をすると死んでしまう車を今も作っているわけだ。
 アウトドアを売りにするスバル・レヴォーグや、日本を代表する車トヨタ・カローラ(ワゴンタイプ)はあと少しで平らになるのに、中途半端に斜めなのだ。荷室の機能としても斜めなのはおかしい。自宅の押し入れが斜めだったら欠陥住宅と言うだろう。
 一方で、トヨタ・ナディアは、荷室が真っ平らで、凸凹が一切ない。180cm位あり足が伸ばせ、布団を敷いて大人二人が気持ちよく寝られる。

トヨタ・ナディア

 この車は私の兄弟の愛車で、カーレース観戦が好きで、山口から大分オートポリスや鈴鹿サーキット、富士スピードウェイにまで見に行く。その際、真っ平らな荷室に布団を敷いて車中泊する。トヨタの豊田章男社長がレース好きだとアピールしているが、そうであれば彼らと同じように、本当のクルマ好きが鈴鹿富士でしている車中泊はしたことがあるだろうか?車の「すべての体験」を通して、彼らはカーレースを楽しんでいる。
 過去には、トヨタのタウンエースとライトエース(現在のノア、ヴォクシー)に二段ベッド仕様があった。 

トヨタ タウンエース キャニオンパッケージ、ライトエース モンタナ

 大企業・給料の順で会社を選んだ「本当はクルマ好きでない」社員は、この車を知らないかもしれない(女性だろうと関係なく)。自動車会社社員の職業能力を測るリトマス試験紙になる。私がいすゞ自動車に入社した時「本当はクルマ好きではない」同期が沢山いてとてもがっかりした。車に興味のない彼らは本来必要ない人材だ。なぜならMBAホルダーが経営すると、世界最大だったGMとクライスラーが倒産したのと同じことが起きるからである。

 上記のトヨタ・ナディアは、平らに作るのはとても簡単なことをよく証明している。セダン型であってもトランクスルーを利用すれば作れる。車中泊に適した車という素晴らしいサイトがあるので、車を買おうとする際は参考にできる。
 日本は山でも海でも、いつでもどこででも大地震・大津波が来る。震災を経験した日本の自動車メーカーは、これからは自家用車を防災シェルターと捉え、避難所として車中泊ができる水平に寝られるシートを開発し、震災時はこういう方法で寝られるということをカタログ等で周知/アピールして、「死なない車」を作るべきだろう。

(外部参考サイト)
 車中泊に適した車
 熊本地震:関連死3割が車中泊 「健康確認、態勢確立を」 – 毎日新聞 2018年1月4日
 熊本地震関連死、24%が車中泊を経た死 2017年4月15日

 

問い合わせ

 

PAGETOP
Copyright © HIBIKI Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.