駅ホーム転落死を激減させるには、ポールを立てる

  • HOME »
  • 駅ホーム転落死を激減させるには、ポールを立てる

駅ホーム転落死を激減させるには、ポールを立てる

 2016年8月15日、東京、銀座線の青山一丁目駅のホームで、盲導犬を連れた視覚障害のある男性が線路に転落し、電車にはねられて死亡した。これをきっかけに、国交省と鉄道各社はホームの安全対策を加速させている。
 日本盲人会連合のアンケートでは、驚くべきことに、回答した252人の37%(92人)がホームから「転落したことがある」と答えた。「ホームドアのない駅は、欄干のない橋と同じだ」と恐怖を語っている。

(出典:東京新聞

<課題>
 ホームドアの設置には、重みに耐えるよう駅改修などが必要で、1駅当たり数億~十数億円と莫大なコストがかかっている。
 ホームドアを設置するにしても、車両によってドアの位置がバラバラで、対応できない。東武伊勢崎線の春日部駅は、1ドア(特急)、2ドア(6050系)、3ドア(日比谷線直通)、4ドア(大多数の通勤車)、5ドア(20050系、メトロ03系)、6ドア(東急5000系)が一つのホームから発着する。
 ホームドア設置は、通勤ラッシュの激しい東京沿線や中心部の駅でさえ、ある程度以上は進まないのではないかと懸念されている。ホームの階段がある狭い所の設置は、車椅子の幅しかなくなり、人は通れなくなり、もはや物理的に設置不可能となる。非常に暗い見通しであり、今後も毎年一定数の転落死が起き続けることが、もはや「確定」されている。

<アイデア>
 特急など車両によって乗り場が違う。しかし、乗車位置は決まっており、既にペンキで並ぶ線が書いている場合がある。この乗り場以外の場所にポールを立てるのである。
 視覚障害者の方は、自分がどこを歩いているか、乗り場以外の場所でホームの端に50cm程度の間隔でポールが立っていれば、わかるのではないか。
 ポールであれば、従来の課題であった莫大なコストがかからず、実効性の高い安全策を、早いスピードで打つことができる。
 時には何らかの障害で、停車位置に止められない事態があるだろうが、ポールであれば、たとえ開いたドアの真ん中にポールが立っていても、人はよけて通れる。車椅子や乳母車は、ドアのど真ん中にポールが来れば、通れない場合があるが、人命が優先なので、そんな事態の時は十分理解可能である。そもそもホームドア設置駅では、停車位置がずれたら乗り降りできない。しかしポールならそんな非常時でもできる。
 車両によってドアの位置が合わず、対応可能な新型のホームドア開発が進められている。それでも関西で多い私鉄同士が相互乗り入れして車両が異なるホームでは、対応できないらしい。そうしたホームでも、ポールを立てる方策なら対応でき、死者を激減できる。

(従 来)

(ポールを立てるアイデア)

<車椅子>
 階段や太い柱が線路近くまであり、車椅子は通りにくく、そこへホームドアを設置するのは、物理的に困難である。
 今回のポールを立てる方法なら、ホームドアのような大きな設置面積が取られることはなく、階段や柱と電車の幅は、従来とほとんど変わらない。ポールがある方が、階段が迫る狭い箇所でも、安心してホームの端っこでも車椅子で進められる効果がある。

<健常者>
 今回のホームドア設置のニュースに対して、「押されて転落とかが怖かったんだ」、「東京メトロって駅狭すぎて混雑時怖い」といった書き込みがある。
 健常者も転落する事故が多く、平均すると毎日10人がホームから転落している。酒酔い、気分の悪化、歩きスマホなどが原因となっている。酒に酔った人がベンチから立ち上がって、まっすぐホームに落ちてしまうこともある。
 ポールを立てることは、健常者の転落防止にも効果がある。画像のように、ポールがあるとないとでは、見た目の心理が変わる(アフォーダンス理論)。線路近くから見ると、ポールが何十本も立って壁に見える。酔った人でも、目をつぶって歩かない限り、ポールに気付く。

<生け贄が累積しないと対応しない現状>
 ホームドアを一日でも早く設置すれば、死亡数はその日にち分減る。ホームドア設置を予定している駅でも、それが1年先ならその間に確実に死者が出る。
 2016年8月の視覚障害の転落死をきっかけに、利用客が1日10万人以上の駅については、平成32年度までに、ホームドアを設置するとしている。10万人以上の駅での、視覚障害者の転落や接触事故のおよそ3分の1を占めているためらしい。残りの3分の2は、利益が下がるので、世間で注目を浴びる感情的なニュースになったり、生け贄があと何十人か積み上がるまでは、対応しないということだろうか。起きる前に対応するのでなく、何度も転落死が起きた累計を見て、対応に動くという行動なのである。威信をかけた新幹線で1人でも死亡事故が起きることは我慢できない。しかし、ホームで毎年何人も死んでおり、対応は同じでないといけない。本来なら、今すぐ、乗降数の少ない駅でも全駅に設置したい。 
 山手線の人身事故が、ホームドアの設置で99%以上減少したという(自殺者含む)。ある駅の実験で、ポールを立てることによって、数十%でも事故が減ることがわかれば、即ポールを立てるべきである。実際は、50%以上は減少するのではないか。ホームドアを設置できない駅では、安い費用で効果は絶大である。
 電動の理想的なホームドアを設置するまでのつなぎとして、撤去も位置調整も容易で極めて安価なポールを設置すべきである。一晩で設置ができる。ポールがあることで起きる何らかの運行上の障害より、人命の方が大事である。これなら田舎の無人駅でさえ設置可能である。
 自動車は将来自動運転で、死者数が激減するかもしれないが、電車のホームは新型ホームドアでも対応できないのだから、「アナログ」で死者数を激減するべきである。秒単位のダイヤの正確さよりも、アナログながら人命を1人でも救う工夫を優先してこそ、日本の鉄道は世界一と言える。

<検討事項>
 設置方法:盛土式のホームなら、穴を開けてポールを差し込む。桁式のホームなら、大型のクランプで固定できる。桁式のホームならば、一晩で設置可能である。作業者一人でさえ可能で、地方の無人駅にも設置できる。
 ドアが来ない所は、歩道と車道を分けるガードレールのように樹脂製の板等で塞ぐか、ポールを50cm程度の間隔に立てるか。
 ポールの高さや色:アフォーダンス理論という心理面から検討。
 ポールがサッカーのコーナーにあるポールのように、すぐに倒れるようにするか、それとも手すり代わりにもなるよう、動かないようにするか。倒れる方向がホーム側だけに決まっているなど。
 ポールの名前。
 など

【参考資料/情報】
 ・「駅ホームの安全性向上に何が必要か」NHK 時論公論 2017年1月12日放送
 ・「ホームドア設置はなぜ進まない?転落事故数、普及率、進まない要因、その対策方法」LH MAGAZINE 2016年8月18日
  など

 

 

PAGETOP
Copyright © HIBIKI Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.