PENTAXの現行のロゴは、フォントがExtraBold並に非常に太いので、詰まった感じがある。カタログに載っているロゴだけをアップで見ていれば気付きにくい。しかし、実際に屋外で遠くからカメラを見たとき、字が詰まっていて、読みやすさが下がっている。文字がつぶれて、ちゃちな、安っぽい感じがするのである。

 昔のPENTAXのカメラペンタ部のロゴは、ロゴ全体の縦横比が横に長かった。だから、オールドユーザーにはなおさら窮屈な感がする。
 基本的には、文字の間隔を空けると、高級感が増す効果がある。人が近くで見るのと遠くから見るので、印象が変わる現象もある。また文字の認識は、高速道路の標識の文字を遠くから見てすぐ認知できる字に変えるなどしている。ロゴの制作過程では、遠くから人が見た時の印象認識というのは重要な検討事項である。
 一見して消費者には分からないごくわずか程度、カメラ表記のPENTAXロゴは、文字の間隔をわずかに広げることも、ユーザーのトリビア的にやっていいと思われる。屋外でPENTAXを見た時、より、風格、高級感が増すのは間違いない。高級感に欠ける会社なので、十分検討すべきアイデアである。元々は、カメラペンタ部の横に長いロゴと、カタログ表記の現行のロゴを使い分けていたのだから、同じ理由でごくわずかに変えるのが、印象認識上良い。

(文責:相澤洋次郎)

外部関連サイト
結果発表「ここがダメだよ!! PENTAX」「ここが好きだよ!! PENTAX」デジカメ Watch